そんな自己処理はダメ!自己処理が肌に与える悪影響について

自己処理が肌に悪い理由とは

ムダ毛の自己処理の代表格といえばシェービングで、気軽にできるのがメリットです。その反面、シェービング後は肌がヒリヒリするという人が少なくありません。男性はカミソリ負けをすることが多いですが、これは頻繁にヒゲ剃りをするためです。男性の肌は女性よりも丈夫ですが、それでもカミソリに負けてしまいます。シェービングは肌から必要な皮脂を奪ってしまい、乾燥しやすい状態に変えるのです。乾燥するとバリア機能が低下し、肌が敏感に変わっていきます。自己処理には脱毛ワックスやクリームを使用する方法もありますが、いずれも肌の乾燥を促進します。毛抜きによる処理は埋没毛や毛嚢炎のリスクがありますし、処理自体に時間がかかる問題があるでしょう。肌にダメージを与える自己処理から解放されるためには、サロンや医療機関の全身脱毛が最適です。

専門家の全身脱毛を受けるメリット

サロンや医療機関では専門家が脱毛するので、肌へのダメージを最小限にできます。全身脱毛をするメリットには美肌やアンチエイジングがあり、若々しい肌を実現させます。シェービングしたあとの肌はスベスベになりますが、その状態は長くは続きません。数日も経過すればジョリジョリした状態になり、人によっては強いかゆみを覚えます。ヒリヒリ・かゆみなどの違和感を覚える状態は、肌がダメージを受けている証拠です。サロンの全身脱毛なら肌に優しい光を使用するので安心して処理できます。減毛作用を有した光を照射し、毛根からムダ毛を弱くしていきます。医療機関のレーザー脱毛は、永久脱毛をしたい人に最適です。元気な肌を実現するためには、毛根からムダ毛を処理して自己処理いらずの状態に変えていくのが一番です。